足の付け根(股関節)が痛い原因とスペシャリストドクター(医師)の診察を受ける重要性

スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク

株式会社YUCOM. 3Wise Radiology(ユーコム スリーワイズ レジオロジー)の代表取締役である放射線科専門医の小橋医師が関わる研究論文を掲載しています。

小橋医師は骨軟部領域の放射線科専門医であり…

International Skeletal Society(国際骨軟部放射線学会)という世界的な骨軟部領域の放射線学会において、約30名しかいない日本人の一人でもあります。

小橋医師は…

特に、足と脚のスペシャリストです。

世界中の学会において、その研究成果を発表し、大学医学部で使われる教科書も執筆しています。

高齢化する日本において…

足腰首の不調を訴える人はますます増えるでしょう。

また…

見落とされがちであった足(脚)の異常から引き起こされる全身の歪みや不調や疾病の治療において、

小橋医師のようなスペシャリストの存在は非常に貴重です。

足や脚の痛みの…

本来の原因を突き止めることができず、適切な治療を受けられなかった場合は、将来的に様々な不調をきたす場合があります。

私の場合も…

怪我による足の歪みや、生まれつきの骨格異常を幼少期に気が付かなったことにより、足腰首が非常に不調です。

スポーツをするにも筋トレをするにも、そして日常生活においても、通常では考えられない苦労と挫折があります。

特に…

小児期や思春期の怪我は、柔軟性や体力や回復力があるだけに、
痛みが取れたことで、完治したと思ってしまうことがあります。

現在の私は…

怪我をしたときには、必ず小橋医師のようなスペシャリストの診察を受けることにしています。

ここでは…
非常に稀である「思春期における腸腰筋腱損傷の症例報告」の論文(小橋医師執筆)を掲載します。
通常では見落とされるかもしれない症例があること認識していただくことで、スペシャリストである医師の診察の重要性を知ることができます

思春期における腸腰筋腱損傷の症例報告

要約(日本語)

背景

腸腰筋腱の損傷は一般的に珍しいと考えられている。特に小児期および思春期において、腸腰筋損傷は、通常、小転子の剥離を伴って接合部に見られる。今回我々は、思春期の患者における左大腰筋腱の部分断裂という稀な症例について報告する。

症例報告

左鼠径部の痛みを訴える14歳の男性が来院。

彼の説明によると、バスケットボールの試合開始後まもなく、ピボットで回転した際に突然左鼠径部に痛みを感じ、その後は痛みのせいで自ら左股関節を動かすことができなかったということである。

神経の異常を確認するための検査では、反射テストも正常であり、伝達障害や感覚障害は見られなかったが、MRI画像診断においては、右側鼠径部と比較した場合に大腰筋腱の断裂と炎症の所見を確認。左大腰筋腱と腱接合部に腱の部分断裂を疑うSTIR信号を強く呈していた。

左小転子は右側と比較して、わずかに高いSTIR信号を呈しているものの、剥離骨折の所見は確認できなかった。

結論

小児期、思春期における、小転子の剥離骨折のない腸腰筋腱損傷は非常に稀である。
確立としては0.66%程度である。

今後、このような症状に対しては、小転子剥離骨折を除外するためには、MRIによる小転子と腸腰筋停止部の双方においての評価を必要であることを提案する。

キーワード

腸腰筋、小転子、MRI

お問い合わせ

このブログ記事を読んでのお問い合わせは、株式会社YUCOM. 3Wise Radiology(ユーコム スリーワイズ レジオロジー)のお問い合わせフォームまたは、下記よりご連絡ください。

くれぐれも小橋医師に直接ご連絡をなさらないようにお願いします

小橋医師は多忙を極めております。
仮に直接お問い合わせくださっても、ご返信いたしかねます。

ご承知おきください。

英語原文

Iliopsoas Tendon Injury In an Adolescent: A Case Report

Yuko Kobashi(小橋優子), MD1*; Takuya Suzuki, MD2; Yoko Tazawa, MD2; Yohei Munetomo, MD1; Akira Baba, MD1; Sinji Yamazoe, MD1; Takuji Mogami, MD1

1Department of Radiology, Tokyo Dental College, Ichikawa General Hospital, 5-11-13, Sugao,
Ichikawa, Chiba, 271-8513, Japan

2Department of Radiology, Fujisawa Shonandai Hospital, Kanagawa Prefecture 252-0802,
Fujisawa, Japan

ABSTRACT

Background: The Iliopsoas tendon injuries are generally considered uncommon. Especially in
children and adolescents, the iliopsoas injury usually occurs in conjunction with avulsion of
the lesser trochanter. We reported a rare case of a partial tear of the left psoas major tendon in
an adolescent patient.

Case Report

A 14-year-old-male who had a left inguinal pain came to our hospital for
consultation. The injury occurred earlier when he was playing a basketball game he turned
on a pivot and he suddenly felt left inguinal pain. As a result of the sudden pain caused by the
movement he could not move his left hip joint by himself. Neurological examination revealed
no motor or sensory deficits with normal reflexes. On the MRI, the left psoas major tendon
showed up as swollen and was separated from the left iliacus tendon when compared to the
right side. The left psoas major tendon and myotendinous junction showed high signal intensity
suggestive of a partial tear on STIR axial image. The lesser trochanter showed slightly high
signal intensity when compared to the opposite side but showed no evidence of an avulsion
fracture.

Conclusion

The Iliopsoas tendon injuries without lesser trochanteric avulsion in children and
adolescents are distinctly uncommon. There is an estimated prevalence of 0.66%. In future we
would suggest, we need to evaluate both the lessor trochanter and the insertion of the iliopsoas
tendon to rule out lesser trochanter avulsion on the MRI.

KEYWORDS

Iliopsoas muscle; Lessor trochanter; Magnetic Resonance Imaging (MRI).

INTRODUCTION

The iliopsoas tendon acts a thigh flexor and aids in lateral rotation of the hip. The
Iliopsoas injuries are generally considered uncommon. Especially, in children and adolescents,
the Iliopsoas injury usually occurs in conjunction with avulsion of the lesser trochanter.1 We
report a rare case of a partial tear of the left psoas major tendon in an adolescent patient. The
authors obtain written informed consent from the patient for submission of this manuscript for
publication.

CASE REPORT

A 14-year-old-male who had a left inguinal pain came to our hospital for consultation.
The injury occurred when he was earlier playing a basketball game and turned on a pivot, he
suddenly felt left inguinal pain. He is 170 cm tall; 50 kg in weight and has no history of trauma
or disease. He has been playing basketball for 5 years at school and plays it for 4 hours every
day. On physical examination, there was severe tenderness present in the left inguinal region.
Also, there was no erythema. He could not move his left hip joint by himself. Neurological
examination revealed no motor or sensory deficits with normal reflexes. The laboratory findings
were normal. Hip radiograph showed no abnormality (Figure 1). On MRI, the left psoas major…