デイトレードの口座開設の流れ

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

普段、インターネットを利用してお気に入りのジャーナリストが書く記事を読んでいると、世界経済の置かれている状況や、米国、中国、ロシア、イギリス、日本、イスラエル、サウジアラビア、イラン、等々、それぞれの国の思惑についての情報が読み取れます。そのような中で金融市場の大まかな流れを感じ取ることができるため、為替や金(Gold)価格の大局には関心を持ってきたのですが、株式市場の日々の動きには全く無関心でした。

でも、今日からデイトレードを始めます!ある人からの相談で自分の知識不足を感じたのがきっかけです。
知識は力です。

学びにコストがかかるとはいえ、損をしないように頑張ります。もちろん儲かったら嬉しいですね。

証券会社選び

デイトレードを始めるためには証券会社に口座を作らなければなりません。自分は松井証券を選びました。

決め手は「一日の合計約定額が10万円以下の場合は無料」(2018年4月18日時点)です。損をしたくないので最初は小さな金額から経験を通して学びます。

銀行口座開設

松井証券に口座を申し込む際に住信SBIネット銀行の口座開設を行うことができます。株の売買に使うためのお金を出し入れする銀行口座です。

IDとパスワード、銀行カードの受領

数日で証券会社と銀行からIDとパスワードそしてATM用のカードが送られてきます。それぞれのWEBサイトにログインし、送付された内容に従ってそれぞれ口座の設定を完了させましょう。

最後に

以上でデイトレードを始める準備が整いました。週末のうちにWEB経由で口座開設を申し込んだので一週間経たずに口座の開設完了です。