SEO業者の採用手順と方法

スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク

自社のWEBサイトで商品やサービスを販売を始める、すでに販売している、という方にとって、自社WEBサイトへの集客は売上と利益に直結する、非常に重要な課題です。この課題を解決するためにはSEOの専門家ほど頼もしい存在はありません。真の専門家はGoogle社のSEOに対する考え方を熟知しており、十分な経験を積んでいます。法務であれば顧問弁護士、会計であれば顧問会計士、税務であれば顧問税理士、彼が会社にとって大切でなくてはならない存在であるのと同じく、これからの時代にSEOの専門家は会社にとってなくてはならない必要不可欠な存在です。

SEO業者の採用手順と方法

なんと、これについてGoogle WebmastersがYouTubeで[How to hire an SEO]というタイトルで詳しく解説しています。下記は要約となります。Google Search Console ヘルプの「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」からもリンクが張られていますので是非参考にしてください。以下は要約となります。

  1. SEOの大前提
    ほとんどのケースにおいて、SEOには4か月から1年が必要です。その上で、初めて自社のビジネスの改善計画を実行に移せることになります。SEOによりビジネスのポテンシャルを見極め、その利益を得るために必要な時間です。
  2. 一般的な採用手順
    ・双方向インタビューを行います。SEO専門家/業者は、貴方(御社)と貴方(御社)のビジネスに本当に関心があるように見えますか?
    ・そのSEO専門家/業者は信用できそうですか?
    ・対象となるWEBサイトがGoogle社の技術基準や検索基準にどの程度沿っているのか、監査を依頼しましょう。これは手間暇のかかることです。問題点の抽出作業と処方箋の作成になります。きちんとした仕事をする専門家や業者の場合は費用が発生すると思います。

    SEOがもたらす、ビジネス上のメリットや金銭的な利益がどのくらいあるのかを判断するのは、ビジネスオーナーやWEBサイトのオーナーです。SEO専門家が示した、問題点と改善案がどのくらい自社の利益に貢献するかを検討して、WEBサイト改善の投資額を判断しましょう。ビジネスで利益を上げるためには時間、エネルギー、お金、改善が必要であろうとGoogle社も言っています。
  3. 提案内容の確認
    対象となるWEBサイトに関してSEOの改善提案がGoogle社の文書声明に沿っているかを確認しましょう。

    1. WEBサイトのランキングより良くするために改善が必要な問題点
      【技術については】
      ・内部リンク
      ・余分なコンテンツを更新する
      ・内部リンクの改善
      ・あなたのバズを生成する
      ・クローラビリティ
      ・URLパラメータ
      ・サーバーの接続性能(速度)
      ・レスポンスコード
      【検索内容については】
      ・検索クエリを分割する。どのようなキーワードで検索されているのか?
      ・当該WEBサイト内の記事はより具体的か?(例えば、「Eメール」という一般的な表現ではなく「gmail」という様なブランドや固有名詞や専門用語を使っているか)
    2. 上記問題点を改善するためのアプローチ
      上記がヘルプセンターにある記事や動画、フォーラム内におけるGoogle社員の返信などと一致しているか否かです。

      SEOは改善と実行の積み重ねです。最も重要視すべきは「改善と実行のための方法」と「期待に合わない結果だった場合、いかに早く改善できるか、その改善によりもたらされた結果を確認して次の改善を行うか、いわゆるPDCAの手順」です。
  4. 以上に基づいた作業を依頼するかどうか、雇用するかどうかを判断しましょう。