オーストラリアのプリペイドSIMカードは一択【到着空港で買うのがベスト】

スポンサーリンク
オーストラリア
スポンサーリンク

こんにちはトムです。
四半世紀前にオーストラリア在住でした。

その時の呼び名です。

2019年6月にオーストラリアに出張しました。

30代後半からこれまでの約10年間、公務やビジネスで世界中に出かけました。
まだ幸せになれない創業社長です。

お金は重要。でも人生はお金じゃない。
自分が何のために在るのか。誰のために在るのか。そんな何かと誰かがあって幸せになれる。

そんな思いを持っています。

【ネタバレ】オーストラリアでシェアNo.1のTelstra、これ一択です

電話で一番大切なのは「電波が繋がる」ことです。

Telstraは地下鉄やトンネルに入っても大概使えます。
エアーズロックや田舎(都市部以外)に行っても繋がります。

でも料金は他社とそんなに変わりません。

オーストラリアと言えば大自然です。
大自然を観て回るためには都市から出ます。
オーストラリアは都市部を出ると本当に何もありません。
「繋がるというメリット」は旅行者にとって一番重要です。

一週間以内の滞在ならTelstraのプリペイドSIM一択です。8日以上滞在ならVodafoneがお得です。エアーズロックに行ったり、都市部を離れることが多かったり、交通機関での移動が多い方はTelstraが最も繋がります。

シドニー空港でTelsraのSIMカードはゲートを出てすぐに買えます

入国審査を終えて税関を抜けると空港1階のロビーに出ます。

Arrival Hall Bに出たならば、すぐ目の前にあるのがTelsraのSIMカード販売ブースです。

Arrival Hall Aに出たならば、左に歩いて行ってください。右側に空港ビルの外にでる扉がある、その脇にTelstraのブースが見えるはずです。

https://www.sydneyairport.com.au/
のAirport GuideのMapに加筆しています

矢印で示した緑色のブースがそれです。

料金プランは2GBで10AUD(7日間有効)がお勧め

一週間以上滞在の場合もあるかと思うので、その他のプランも載せておきます。

ローカルコールは基本的に無制限です。

https://www.telstra.com.auより料金表を抜粋
2019.11.6現在の料金テーブル

しかし、料金テーブルはいつ変わるかわからないので、必要な人は購入時に必ず確認しましょう。

他のキャリア選択肢もありますが、気にしなくていいと思います

オーストラリアでは

  • Telstra
  • Optus
  • Vodafone

この3社から選べばいいと思います。
MVNOもありますが、無視でOKです。

Optusの料金テーブル

https://www.optus.com.auより抜粋
2019.11.6現在の料金テーブル
https://www.optus.com.auより抜粋
2019.11.6現在の料金テーブル

更に詳しい料金一覧はPDFでどうぞ。

Optus Prepaid Epic Data information about service(PDF)

画像をクリックで拡大します

Vodafoneの料金テーブル

15AUD以上払うのであれば、Vodafoneが割安です。

また、8日以上の滞在で料金を最優先するならVodafoneですね。

https://www.vodafone.com.auより抜粋
2019.11.6現在の料金テーブル

オーストラリアは基本的に日本よりも物価が高く、人件費は1.5倍ぐらいします。

でも、通信料金は安いですね。
ライフインフラだからですかね。

今日はこの辺で。