ますます重要になるSEOと専門家

スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク

最近は名刺の代わりや会社案内を目的としたWEBサイトが減ってきました。一方で「うちはそういう商売ではないから大丈夫」と思っている、特に中小零細企業の社長はまだまだ多いでしょう。

以前、日本の百貨店等々、小売業界は同じように考えていました。楽天市場が登場しても数年間は考えを改めませんでした。いまでは世界的な電子商取引(EC)企業のAmazonに多くのシェアを奪われて存続すら危うい状況です。

既にWEBサイトを持っている会社は運用することを始めましょう。まだ名刺や会社案内程度WEBサイトしか持っていない会社はすぐにWEBサイトを用意しましょう。

Google検索の結果やWEBサイトの運用に課題や不満のある会社はすぐにプロに相談するのが賢明だと思います。事業の継続と発展のためには重要です。

ホームページ(WEB)製作や運用にSEOの専門家は必要か?

結論から言うと必ずしも必要ではありません。ただし、自ら学ぶつもりのない方や時間を節約したい方には、とても役に立つ頼もしい存在です。

SEO(検索エンジン最適化)の専門家とは、検索エンジンがどのような価値観によってWEBサイトをランク付けしているか?を熟知している人のことです。Google社のSearch Console ヘルプに書いてある内容を学べば、サイトを最適化する方法を習得できます。その上でSEO の専門家に仕事を頼むか否かを検討しましょう。

SEOの専門家や業者を利用することは、WEBサイトの改善や時間の節約のために重要な決断となります。自社WEBサイトでSEO(検索エンジン最適化)を施し、コンテンツを製作し、運用しながら日々改善を重ねている、そんな専門家や業者を選ぶべきです。特に「運用」を自ら行って「日々の改善」を積み重ねていることが最も重要な選定基準です。

製作のみを請け負うのは手離れが良いので多くの製作業者が好んで引き受けると思います。お客様の要望を聞き、反映させ、納品すれば業務完了となるからです。しかし、IT技術、ユーザー(お客様)ニーズ(趣味趣向や関心)は日々変化します。Google社の検索エンジンロジックも常に変化していきます。実はこれらをフォローしてWEBサイトに反映していく「運用と修正(再製作)」こそが最も大切で意味があることです。

SEO(検索エンジン最適化)を始める・やり直す最適なタイミングとは?

SEO の専門家や業者の利用を検討している場合は、できるだけ早い段階で導入することをおすすめします。一番良いのはWEBサイトを新たに開設するときや再構築するときです。このタイミングなら、最初から検索エンジンとの相性を考慮してサイトを設計できます。

改善よりも再構築がよい

既存のサイトを改善する場合は現状確認が必要です。サイトの階層整理、ナビゲーションの改善と整理、URLはわかりやすいか、コンテンツの最適化、効果的なリンクの確認、画像形式、モバイルフレンドリー、サイトの表示速度やGoogle関連サービスに対するパフォーマンスの確認と修正、等々、その範囲は膨大になります。大変な労力と時間を必要とします

これを真にこなすことのできるSEO専門家や業者は非常に優秀だと言えます。

それほどまでに苦労の多い仕事になりますので、値段もそれなりとなります。これをあまりにも安い金額で請け負えるという専門家や業者が居たら要注意です。最終的にSEOという本来の目的を達成しきれないかもしれませんのでしっかりと見極めましょう。

再構築という方法を取ったほうが効果的かもしれません。

SEO業者が提供するサービス

以下はGoogle社のSearch Console ヘルプに書いてある、一般的なSEO業者が提供するサービスです。

  • サイトのコンテンツや構成の見直し
  • ホスティング、リダイレクト、エラーページ、JavaScript の使用など、ウェ
  • サイトの開発に関する技術的なアドバイス
  • コンテンツの開発
  • オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
  • キーワードに関する調査
  • SEO のトレーニング
  • 特定のマーケットや地域に関する専門知識

一番最後の「特定のマーケットや地域に関する専門知識」というのは、SEO業者が仕事を通じて習得することでもあります。従って、どのくらい依頼を検討している貴方やあなたのビジネスに関心があるかというのが指標になります。