電動歯ブラシBraun Oral B genius(ブラウンオーラルBジーニアス)の弱点

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク

電動歯ブラシには…

ヘッドを回転させて磨くものと、左右前後に動かすことで磨くものの、二種類があります。

回転型は…

回転する歯ブラシのヘッドと、軸受けとなる柄の接触部分が、摩擦によりすり減るため、
歯ブラシヘッドの寿命が短くなります。

交換サイクルは…

振動型の方が長く、回転型の方が短いです。

 

以前の記事「ステインも取れる!おすすめ電動歯ブラシの選び方」で…

電動歯ブラシのお勧めはパナソニックのドルツだと書きました。
それは変わりません!

ドルツはベストチョイスです!!

今回は…

使い始めてから、それなりの期間が経たないとわからない、
ブラウンのオーラルBジーニアスの欠点について書いています。

ヘッドがすり減って唇が挟まる

上記画像を見比べてください…

歯ブラシのヘッドが回転するために、
軸受け周辺のプラスティック樹脂がすり減っています

そのせいで、前歯から奥歯に歯ブラシをずらしていく際に、唇が挟まることがあります

痛い…!

です。

回転軸から金属の粉が出てくる

記事を書く前に、写真を取り忘れたので、画像はないのですが、
歯磨きをした後、洗面所に吐き捨てた水分の中に、

かなりの量の金属粉が…

混ざっています

アルミの鍋を、クレンザーで磨いたり、金たわしで磨いたことのある方なら、すぐにわかると思いますが、あの、グレーの、金属粉が混じった液体です。

最近は、歯磨き粉に入っている研磨剤が、エナメル質を削ってしまうので、磨きすぎに注意しようということも言われている中、

研磨剤よりも固い、金属の粉が口の中に…

大量に出てきていると思うと、ちょっと心配ですね。

因みにパナソニックのドルツは

パナソニックの肩を持つわけではありませんが、
ブラウンの弱点として書いたようなことは、

一切ありません!問題なしです!!

私が使用しているのは、Panasonic(パナソニック)の最上位機種(Doltz(ドルツ)EW-DP51)ですが、どの機種でも、構造は全く同じなので、唇が挟まることや、金属の粉で歯を磨く羽目になることもないと思います。