最強の老化防止!飲む日焼け止めなんか目じゃない!!カロテノイド

スポンサーリンク
健康
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

細胞の老化防止には…

カロテノイドがとても有効です。

「白内障や緑内障の発症や悪化」「皮膚の老化(シミ・しわ)や癌、等々の発症や悪化」の原因となる、

活性酸素の一種である一重項酸素を強力に消去します。

この記事を読むことで…

「皮膚の老化(シミ・しわ)や癌の予防・悪化防止」「白内障や緑内障の予防・悪化防止」に良い、カロテノイドを含むサプリメントや食品を知ることができます。

カロテノイドとは

黄、オレンジ、赤、等々を発色する天然色素のことです。微生物、動物、植物などに含まれます。

例えば、人参、カボチャ、トマト、卵黄、ロブスター、蟹、…

の示す色はカロテノイドによるものです。唐辛子に含まれる、めちゃくちゃ辛いカプサイシンも、カロテノイドの一種です。

750種類以上…

のカロテノイドが見つかっています。そのうち、約50種類ぐらいが野菜や果物、等々に含まれていると言われています。

2つに分類される

カロテン類(炭素と水素原子で構成)とキトサンフィル類(炭素と水素と酸素原子で構成)に分類されます。

カロテンは…

ニンジン・カボチャ・トマト・等々の、植物に含まれることが多いようです。

キトサンフィルは…

エビ、カニ、卵黄、魚卵、等々、動物に含まれるものが多いようです。

カロテン類

αカロテン、βカロテン、γカロテン、δカロテン、リコペン、等々、があります。

αカロテンとβカロテンが有名です…

しかし、皮膚や目や肺や肝臓を活性酸素から守る作用は、βカロテンと比較して、αカロテンの方が10倍以上も強力だとわかっています。

αカロテンは…

ニンジン、インゲン豆、ニガウリ、枝豆、カボチャ、等々に多く含まれています。ニンジンが断トツで、3200mg/100g含まれると言われています。カボチャの約70~80倍です。

βカロテンは…

ニンジン、ほうれん草、春菊、にら、かぼちゃ、小松菜、ネギ、等々に多く含まれます。ニンジンが断トツで、7200mg/100g含まれると言われています。カボチャの約2倍、葉ネギの約5倍です。

※参考文献:文部科学省日本食品標準成分表

リコペン(リコピン)は…

トマト、金時ニンジン、スイカ、柿、あんず、パパイア、マンゴー、等々に多く含まれます。トマトが断トツで9mg/100g含まれていると言われています。スイカの約2倍、パパイヤの約4倍です。

キトサンフィル類

アスタキサンチンが有名です。
オキアミ、エビ、カニ、鮭、タイ、イクラ、等々に含まれている赤い色素です。

微生物は…

紫外線から体を守るために体内でアスタキサンチンを作っています。それを海洋生物が餌として食べることで体内に取り入れます。ですので、魚卵にも多く含まれています。

アスタキサンチンのサプリメントを摂取する場合は、6mg/日程度が目標です。

アスタキサンチンは…

超強力な抗酸化作用を持っています。自然界で最強ともいわれています。実験においてですが、一重項酸素に対してはβカロテンの約40倍、リコペンの約40倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンE(αトコフェロール)の約1000倍の消去能力が報告されています。

血液脳関門を通過して脳細胞に到達できる…

ユニークな成分です。これは他の抗酸化物質にほとんどない作用です。

脳内の活性酸素を消去し…

脳細胞の脂質過酸化を抑制して、痴呆症や・脳梗塞・等々、脳の老化や脳疾患を予防する働きがあるかもしれないと期待されています。

持久力を高める効果も…

知られています。運動によって誘発される末梢性疲労(肉体疲労)と中枢性疲労(精神的疲労)の両方を抑えることができます。

アスタキサンチンを摂取すると

脂肪が優先的にエネルギーに変えられ、筋グリコーゲン(糖質)の使用量が抑えられます。これにより、筋肉の疲労を低減し、疲労の元と言われている乳酸発生の抑制につながると考えらています。

血液網膜関門も通過します…

眼の筋肉の疲労を抑えることで、眼精疲労に効果があることも確認されています。

参考文献
[1]  R. Kuhn, N.A. Soerensen, “The coloring matters of the Lobster (Astacus Gammars L)”, Z. Angew. Chem., 51, 465-466 (1968).
[2]  W. Miki, “Biological Functions and Activities of Animal Carotenoids”, Pure & Appl. Chem., 63, 141-146 (1991).
[3]  吉川敏一, 内藤裕二 (監修), “アスタキサンチンの機能と応用”, シーエムシー出版, 2012年8月
[4]  S. Goto, K. Kogure, K. Abe, Y. Kimata, K. Kitahama, E. Yamashita and H. Terada, “Effect Radical Trapping of the Surface and Inside the Phosphoipids Membrane is Responsible for Highly Potent Antioxidative Activity of the Carotenoid Astaxanthin”, Biochem. Biophys. Acta, 1512, 251-258 (2001).
[6]  山下栄次, “アスタキサンチン含有健康補助食品の美容効果”, FOOD Style, 21, 72-75 (2005).
[7]  S. K. Ryu, T. J. King, K. Fujioka, J. Pattison, F. J. Pashkow, S. Tsimikas, “Effect of an oral astaxanthin prodrug (CDX-085) on lipoprotein levels and progression of atherosclerosis in LDLR(-/-) and ApoE(-/-) mice”, Atherosclerosis, 222, 99-105 (2012).
[8]  飯野妙子, 小野佳子, 木曽良信, “LDL被酸化性を指標としたアスタキサンチンとリコペンの相互作用”, 第55回日本栄養・食糧学会大会, 京都, 2001年5月7日
[9]  Y. Naito, K. Uchiyama, W. Aoi, G. Hasegawa, N. Nakamura, N. Yoshida, T. Maoka, J. Takahashi and T. Yoshikawa, “Prevention of diabetic nephropathy by treatment with astaxanthin in diabetic db/db mice”, Biofactors, 20, 49-59 (2004).
[10]  石木学, “抗酸化剤アスタキサンチンの多岐に渡る代謝作用への効果の検討”, 第 53 回日本糖尿病学会学術集会, 岡山, 2010年5月27日.
[11]  W. Aoi, Y. Naito, K. Sakuma, M. Kuchide, H. Tokuda, T. Maoka, S. Toyokuni, S. Oka, M. Yasuhara and T. Yoshikawa, “Astaxanthin limits exercise-induced skeletal and cardiac muscle damage in mice”, Antioxid Redox Signal, 5, 139-144 (2003)
[12]  白取謙治, 大神一浩, 新田卓也, 新明康弘.陳 進輝, 吉田和彦, 塚原寛樹, 竹原 功, 大野重昭., “アスタキサンチンの調節機能および疲れ目に及ぼす影響-健常成人を対象とした効果確認試験-“, 臨床医薬 21, 637 -650 (2005).
[13]  富永久美, 本江信子, 鈴木正洋, 山下英次, “アスタキサンチン含有加齢臭抑制組成物” 特開2011-236171, 2011年11月14日.
[14]  K. Ohgami, K. Shiratori, S. Kotake, T. Nishida, N. Mizuki, K. Uazawa and S. Ohno, “Effects of Astaxanthin on Lipopolysaccharide-Induced Inflammation In Vitro and In Vivo”, Ophthalmology & Visual Science, 44, 2694-2701 (2003).
[15]  K. Izumi-Nagai, N. Nagai, K. Ohgami, S. Satofuka, Y. Ozawa, K. Tsubota, S. Ohno, Y. Oike, S. Ishida, “Inhibition of choroidal neovascularization with an anti-inflammatory carotenoid astaxanthin”, Invest Ophthalmol Vis Sci., 49,1675-1685 (2008).
[14]  Singlet oxygen quenching ability of astaxanthin esters from the green alga Haematococcus pluvialis Biotechnol. Lett., 1999, 21, 265-269.
[15]  Quenching of singlet oxygen by carotenoids produced in escherichia coli -attenuation of singlet oxygen-mediated bacterial killing by carotenoids. FEBS Lett. 2000 Nov 10; 484( 3): 280-4.
[16]  Antioxidant activity of xanthophylls on peroxyl radical-mediated phospholipid peroxidation. Biochim Biophys Acta. 1992 Jun 22; 1126( 2): 178-84.
[17]  Astaxanthin and peridinin inhibit oxidative damage in Fe( 2 +)-loaded liposomes: scavenging oxyradicals or changing membrane permeability? Biochem Biophys Res Commun. 2001 Oct 19; 288( 1): 225-32.
[18]  Molecular characteristics of astaxanthin and beta-carotene in the phospholipid monolayer and their distributions in the phospholipid bilayer. Chem Phys Lipids. 2001 Nov; 113( 1-2): 11-22.
[19] 
Effects of astaxanthin supplementation on exercise-induced fatigue in mice. Biol Pharm Bull. 2006 Oct; 29( 10): 2106-10.

一重項酸素とは?

細胞を傷害し…

老化や病気を引き起こす活性酸素の一種です。

DNAを損傷します。

人体に悪影響を及ぼすことでよく取り上げられるのは、狭義の活性酸素です。
4種類あります。

1.スーパーオキシドアニオンラジカル(スーパーオキシド)
2.ヒドロキシラジカル
3.過酸化水素
4.一重項酸素

一重項酸素は…

体内で3つの原因により発生します。

1.光(紫外線・可視光線・放射線)によって発生します。
2.白血球の殺菌過程によって発生します。
3.過酸化脂質(脂質が活性酸によって酸化されたもの)を分解する過程(ラッセル機構)においても発生します。

肌のシミ・しわ・そばかす原因です。

一重項酸素を消去するには、リコペン・アスタキサンチン!

一重項酸素が細胞を損傷する…

に至る最初の反応は非常に速いため、
ビタミンE、等々、の活性酸素に対する反応速度では追いつきません

カロテノイドの中でも…

リコペンとアスタキサンチンは一重項酸素を消去する能力が断トツです。

シミ・しわ・たるみ・そばかすには、リコペン・アスタキサンチン

実は…

「飲む日焼け止め」という宣伝文句で売られているサプリメントには、カロテノイド等々の抗酸化物質が入っているというだけです。その含有量はわずかです…

効果はあるのでしょうか?疑問です。

私なら…

シミ・しわ・たるみ・そばかす・等々、の原因である…

一重項酸素を強力に消去するアスタキサンチンやリコペンのサプリメントを摂取します。